緑が溢れる杉並 一戸建て

杉並区の住宅が、緑ある状態で建てられる秘密には、区民の努力があります。
もし、建設会社の自由にさせていたら、自然風景が消滅して杉並 一戸建てが並列する街になっていたでしょう。

都市化が進んでも自然観が壊されなかったのは、区民の日頃の行いが作用しています。
住民が自主的に活動しているのもありますが、緑が維持されている決定的な根拠は、役所が彼等を上手く誘導している活動です。

区役所のみどり公園課は、みどりの溢れる場所を守る活動をするボランティアスタッフを募集しています。
例えば、すぎなみ公園育て組は自分達の選んだ公園で、清掃や植物の手入れを行って、杉並区がスタッフの支援を行います。

あくまで主体となるのは区民であって、区役所は彼等を助けているに過ぎません。
公園という自然の象徴であるスペースを、住民自身で整えて綺麗にしていくことで、緑を侵害する愚かさを知り思考を改めていきます。

また、共同作業による機会を設けることで、連帯感を生ませて、住民の自己本意な振る舞いを抑制させています。
杉並 一戸建ての近辺が、緑溢れる土地になっているのは、並大抵の活動では成し得ません。
住民の真剣な眼差しが、続けて成功しているのです。