ハイヤー運転手の主な仕事内容とは

タクシーの運転手と、ハイヤーの運転手とでは、根本的な業務内容がだいぶ異なっています。法的にみれば、同じ旅客運送業ですが、タクシーの運転手が流し営業を主流としているのに対して、後者の運転手の場合は、営業所や専門の車庫で常駐し、完全予約でのみの営業を行っています。また、タクシーの場合は、タクシーと一目でわかるような車両ですが、後者の場合はパッと見た限りでは、タクシーとの区別がつきません。サービスの内容も、タクシーとハイヤーとでは少し異なっているため、運転手の主な仕事内容にも違いがあります。

ハイヤー業務は、タクシーと同様の旅客配送ですので、基本的なものはさほど変わりませんが、大きく異なるのは完全予約制であり、VIP客や特別な乗客を相手にしているというところにあります。タクシーであれば、ラジオを流していたりする車もありますが、ハイヤーの場合はお客さまのニーズに合わせて音楽をチョイスし、自動ドアではなく、運転手自らドアの開閉を行いエスコートします。これはタクシーが、不特定多数の乗客を相手しているのに対して、ハイヤーの場合は完全予約制で、お客さまの素性があらかじめ把握できているというところに、大きな差があります。

タクシードライバーよりも、さらに高度な接客が要求されるハイヤーの運転手は、乗客に対して車内で快適に過ごすためのサービスを怠りません。その為、常時ドリンクやおやつなどの常備品をそろえ、どこでもスマートフォンが使えるように、WiFiルーターや充電器なども準備しているところが多いです。さらに、お客さまの記念日や要望によっては、花束やシャンパンなどをご用意し、サプライズサービスとしてを提供する場合もあります。このように、タクシードライバーの接客よりも、さらにグレードの高い配慮が求められ、気遣いのできる運転手であることが大切なのです。

ハイヤーの運転手は、大変な職業のようですが、特にお客さまに対してかしこまる必要はなく、プランナーとして仕事に対してのプライドを持つことが大切です。さらに、お客さまに接客サービスを認められたら、次にもつながるといった喜びもあります。当然の事ですが、指名を受けるほどのプランナーになれば、更なる厚遇も会社に配慮され、それだけやりがいのある職業だということが言えます。運転手としてのスキルアップを目指すのであれば、こうしたグレードの高い運転手業務は、かなりお勧めの職種と言えるでしょう。