ハイヤーの運転手になるには

タクシーやハイヤーの運転手は、一般乗用旅客自動車運送事業に従事する者として、安全な運転を心掛けていかなければなりません。その為、日本の法律では、こうした会社に従事する運転者は、普通自動車第二種免許を所持することが定められています。こうした会社に入る為には、満21歳以上であることと、第一種普通免許を取得して、3年以上経過していることが最低条件となります。もちろん、AT限定免許でも可能で、会社によってはこの条件さえ整っていれば、第二種普通免許を取得する為の費用など、会社負担で行ってくれるケースもあります。

ハイヤーの運転手になるには、第二種普通免許が必要となりますが、こうした会社に入社の際には、研修制度や免許取得の援助をしてくれる会社を選ぶことで、個人負担はかなり軽減されます。ただし、うまく第二種普通免許を取得しても、すぐに正規の運転手として活躍できるわけではありません。当然プロとして活躍するには、プロとしての心構えや接客能力を身につけておかなければなりません。これらは会社側あるいは先輩ドライバーたちが行う特定のカリキュラムや学習プログラムによる研修によって、徐々に学んでいくことになります。

最近は、テレビのニュースや新聞で見かけるように、ドライバーたちのマナー低下が懸念されています。ハイヤーの運転手も、ホテルマンなどと同様に、接客業としての資質が大切になりますので、タクシーの運転手よりもさらに厳しい採用基準が設けられています。当然のことながら、普段の運転は過去の交通違反の多さや素行の悪さに現れますので、普段からの運転マナーにも気をつけておかなければなりません。特に乗客となる方は、VIP客や特別な方たちが多く、乗客に不安を感じさせたり不快な思いをさせてしまうと、それが直接営業所の経営などに影響を与えてしまいます。

ハイヤー運転手になる流れとしては、求人誌や求人サイトで募集条項や情報などを閲覧するケースがほとんどでしょう。必要な免許と運転手としての資質があれば、誰でも応募できます。最近では、ネットサイトで直接応募する事も可能なので、募集条項をしっかりと確認し、希望に沿っていれば採用試験を受けることができます。ただし、注意しておかなければならないのは、応募条件が会社によって異なってくるというところです。最近では、AT限定の免許しか持っていないといった方もみられますが、ハイヤーの場合はほとんどがAT車なので、特に問題はないでしょう。