ハイヤーの社用車・役員車のシステム

現代社会において、様々なシーンで利用できることから、注目されつつあるハイヤーですが、近年社用車や役員車としての役割も見直されつつあります。企業にとって、ハイヤーを利用するメリットはかなり大きく、会社の経費を使い車両を購入する必要がないので、同様に専門の運転手を雇用する手間も省けます。また、維持費という観点から、定期点検や車検整備、ガソリン代などすべてにおいて、経費が一切かからないというメリットがあります。必要な時に、必要な時間だけを利用できますので、コストパフォーマンスの上でも、かなり優れているのです。

社用車としてのハイヤー利用は、役員車やVIP車として、社有車感覚で利用できるところにあります。車両や、それに従事する運転手などを固定できますので、日ごろから多忙な役員などの専用オフィスとして利用できるほか、様々なニーズに対応することができます。ドライバーは、一台につき1名に固定されますが、契約によっては1日単位で利用可能なスポット運転手として利用可能です。また、タクシーとは異なり、一般の乗用車と同様の外見ですので、あまり目立たないというのも大きなメリットです。必要な時に、必要に応じて利用できるのが、最大の特徴と言えるでしょう。

社用車としての運転手の役割は、一般的なタクシードライバーとはやや異なり、人材のグレードがかなり求められます。その点、ハイヤーとして教育を受けた運転手は、定期研修の実施や厳しい罰則制度の整備などによって、守秘義務も徹底しており、かなりの安心感があります。また、年2回の健康診断や、事故映像を用いた安全教育などの研修も実施されており、自社での車両整備などハード面でも、安全運転に考慮していますので、万が一の時に際しての配慮も一流です。利用に際しては、利用頻度や送迎区間、車種などの条件に沿って応じています。

ハイヤーが、社用車や役員車に向いているのは、そのグレードの高さにあります。黒塗りのボディーの大きい高級車を使用しますので、役員の方が普段使いに利用しても、特に大きく目立つということもありません。また、普通の役員車とは異なり、車内装備もかなり充実しており、日ごろから目を通す英文の新聞や経済新聞など、リクエストに応じて常備する事も可能です。また、車の運転のプロとして、地理にもかなり明るい為、途中で行き先が変わったときなども、すぐに対応できるところも魅力の一つとなっています。