文化財と生きる杉並 一戸建て

文化財と生きる杉並 一戸建て

文化財と生きる杉並 一戸建て 杉並区には、学識者の話し合いによって、条例に基づいた後世に残せる文化財を指定しています。
日本では、有数の文化財の保護を徹底していますが、杉並区でもそれは例外ではありません。

住宅建設の際に、文化財を破壊することがないかと審議されます。
法的に、杉並 一戸建てが景観を損なうことになっていないかを厳しく判断します。

不動産の設立によって、失われる財産があります。歴史的に守られてきた景色や、自然の中で培われてきた場所です。
住民が増えていけば、ある特定の区域を杉並 一戸建ての建築用地にしなければいけません。だからといって、無差別に住宅の土地にして、利用することは許可されません。

文化財保護の観点で、その破壊に関わる邪魔者はことごとく退けます。
文化財そのものを傷つけなくても、周辺地域を荒らすことで美的感覚を損なうのであれば、破壊しているのに相当とみなされます。

学識者が定めた文化財は、周りの景観を含めて真摯に守っていくのを当然とします。
住宅は、広い土地が確保できれば簡単につくれます。しかし、建設によって消えた財産は、二度と戻ってきません。

文化財と杉並 一戸建て住宅との共存を目指して、建築作業は丁寧に行っていくしかありません。

最新のお知らせ

  • [2015年09月01日]
    ホームページを更新しました。

  • [2015年09月01日]
    運営者情報を追加しました。